コーリンベルトの長さは大事です。

コーリンベルト

コーリンベルトは、衿元が広がって着崩れを防ぐために使用します。無くても着付けは出来ますがあると便利な和小物ですネ(^^)

コーリンベルト特に、重ね衿を使用する時に留めると、着物の衿に固定されるので綺麗に着上がります。コーリンベルトの長さは、M・L・フリーサイズがあります。
長い場合は、長さ調整をし短くして使用する事ができますが、短い場合は長さが足りないのでゴムの収縮によって衿が引き合います。その結果衿が詰まった状態になり、半衿が見えなくなってしまいます。ゆるゆるの引き加減で使用しましょう。

 

コーリンベルトの留める位置は、アンダーバストに手を当てた小指の所で私は留めています。
ウエストの少し上になります。

コーリンベルトの留め具は、金属とプラスチックがあります。

コーリンベルト留め具金属とプラスチック

耐久性に変わりはないです。月日とともに劣化するのは同じです。
金属は錆びてきますし、プラスチックは折れます。
体に巻く部分はゴムなので、延びてきます^^;

劣化が目立つようなら買い替えましょう。

 

 

このページの先頭へ